映画の画像

最近めっきり寒くなってきましたね。外に出るのも億劫になってきたりしてませんか?今回は家で観る映画にもってこいなおすすめ映画についてお話したいと思います!
なんだか最近落ち込み気味、心が冷めてきちゃった…そんなあなたにぴったりのこの作品!

 

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」についてです。

ストーリー

全米各地を旅しながらライブをする売れないロック歌手のヘドウィグは共産主義体制下の東ドイツで生まれた。幼い頃、ヘドウィグは母親から「愛の起源」についての話を聞かされる。アメリカ軍人ルーサーに出会い恋に落ちるまで、ヘドウィグはハンセルという名の男の子だった。

母親はルーサーと結婚しアメリカに渡れるようにと、彼に名前とパスポートを与え、性別適合手術を受けさせた。しかし、悲しいことに手術は失敗し、股間には「怒りの1インチ(アングリー・インチ)」が残ってしまった。そして2人はアメリカへ渡った。

 

しかし、結婚もむなしくルーサーは最初の結婚記念日の日に、別の”ボーイフレンド”と共にヘドウィグのもとを去っていってしまう。それはなんとベルリンの壁崩壊の日だった。絶望に暮れるヘドウィグは、昔抱いたロック歌手になる夢を思い起こし、韓国軍兵の妻たちを引連れバンドを結成。

 

”アルバイト”をしながら身を繋いでいたある日、アルバイト先の家にいた、同じくロックスターに憧れる17歳の少年トミーと出会った。ヘドウィグは彼を誰よりも愛しロックの全てを注ぎ込んだが、とうとう手術痕がばれてしまい、トミーはヘドウィグの元を離れてしまう。

 

彼は作った曲をすべて盗んだ挙句ヒットを出し、いまや人気絶頂のロックスターに登りつめていた。ヘドウィグは自分のバンド「アングリー・インチ」を引きつれトミーの全米コンサートを追いかけながら巡業し、愛を捜し求めていく。トミーは果たして運命の”片割れ”なのだろうか。

この作品はオフ・ブロードウェイで上演されたミュージカルと、その映画化作品であり、つい最近では監督であり主演のジョン・キャメロン・ミッチェルが来日し、中村中とのW主演で話題を呼んでいる。(私も行きました!)

1997年よりオフ・ブロードウェイで上演され、ロングランを記録し、あのマドンナがその楽曲の権利を手に入れようとした事もあるというくらいの人気っぷり。

また、ヘドウィグのカツラを模したかぶり物をした、"ヘドヘッド" と呼ばれる熱烈なファンを生み出した。(私自身何度も舞台に行ったのに一度もかぶる機会がなかった…)

 

キャストを変えてアメリカ各地やロンドン、カナダ、ドイツ等でも上演され、日本語版公演は三上博史主演で2004年と2005年にPARCO劇場他で上演され、人気を博した。 私も観に行きましたが、2007年と2008年、2009年には山本耕史主演で上演され、2008年6月21日中野サンプラザにおいてジョン・キャメロン・ミッチェルを招待しての打ち上げライブが行われた。

 

当時友人と観に行った私はチケットが一枚しか取れず、当日中野サンプラザに行き、「チケットを譲ってください!」とプラカードを掲げ、中村中さんファンにチケットを譲ってもらったという奇跡の体験があります。

 

2012年8月29日から、Shibuya-O eastで森山未來が主演、モテキで有名な、大根仁演出で上演が再び決定。こちらも観に行きましたが、山本耕史さんの時とは雰囲気が違い、コミカル超に演出され、新しいヘドウィグを垣間見た。

 

2017年10月14日にはまたジョン・キャメロン・ミッチェル本人が来日し、渋谷ヒカリエにて、中村中とW主演を果たした。(これも行きました!)

映画との出会い

映画の画像

私がこの映画に出会ったのは、友人の勧めで観たことがきっかけでした。最初に「これ本当にいい映画だよ」と言われ、観たものの、あまりハマらず…しかし、「もう一度観てみよう」という気になり、二回目に観た時になぜかドハマリしてしまいました…!(なぜかそういう方が多いとか)

冒頭のシーンの酒場でヘドウィグが派手なマントを広げるシーンは本当にかっこいいです。山本耕史さんの舞台でも、そこは忠実に再現されていましたし。本当に印象に残るシーンでした。
ヘドウィグの衣装や、メイクがとてもかわいいんです!ドラッグクイーンの可愛さが、すべて詰まったような衣装に女子ならば特に心が持っていかれてしまうと思います。さらに、ヘドウィグの歌が上手すぎるんです!!

俳優であり、監督であるジョン・キャメロン・ミッチェルがこんなにも味のある歌をうたえるっていうのも、なんだかこの役をやるために、ヘドウィグのために生まれてきたのではないかと思うほどでした。表情や、演技すべてがナチュラルで、もはやドキュメンタリー映画を見ているような気持ちになりました。

辛い逆境にも負けずに生き、トミーと出会ったヘドウィグ。最後はトミーにまで見捨てられてしまうのは観ててつらい!すでに感情がどっぷり漬かってしまった私!完全に心が持っていかれていました。そして、劇中で演奏される音楽すべてが素晴らしすぎてサントラを買ったほどです!歌詞がこれまたおしゃれなんですよ…。そこを含め観てほしい作品となっています。

舞台へ行くことに

舞台の画像

「ヘドウィグが舞台で観れるよ!」と、私に映画を勧めてくれた友人がそう教えてくれたのは、映画を観てから間もないことでした。(なんてタイミング!ラッキー!)

スポンサードリンク

「え!生であの世界観を堪能できるの?」と興奮していた私。当時、山本耕史さんが演じる舞台のフライヤーを始めてみた時に「かっこよすぎる!!!」と歓喜したのを覚えてます。しかし、当時「ちょっと待って!あんな繊細なヘドウィグを、再現できるの!?しかも英語歌えるの??」という厳しい気持ちが湧き起こっていました。

 

いざ舞台を観てみると、ここまで完璧にヘドウィグを再現できた山本耕史さんにあっぱれと言いたい。新宿FACEで初めて観た、日本のヘドウィグはあまりにも美しすぎました。それからZepp Tokyoで二回目を観に行き、ラッキーなことに、ジョン・キャメロン・ミッチェル来日の回も観に行けたのです…。ラッキーすぎです私。ヘドウィグファンとしてはかなりラッキーな方なのではないでしょうか?

 

それから、時が経って森山未來さん演じるヘドウィグも観れて、私の人生の一部となっているような気がしました。叶うなら、三上博史さんバージョンも観たいなあ…と思いました。けど、いい思いしてるほうだと自負していますし、そこは我慢ですね!

 

というわけで、いろんな「ヘドウィグ」を観れたことは本当に幸せでした。

おすすめのシーン

ヘドウィグが劇中で、母親に教えてもらった「愛の起源」について歌うんですが、特に「Origin Of Love」という曲を歌うシーンが一番好きで、神がかってますね。

 

イントロのギターは切なさを醸し出し、ヘドウィグがモニター越しに歌います。「人はもともと、二人で一つだったの。神様の罰によって二人は引き裂かれた」と歌うヘドウィグはすべてを悟ったような顔をします。それがもう切なくて切なくて…!曲も一番好きですし、このシーンは何度も何度も観てしまいます。歌と一緒に、アニメーションがモニターに映し出されるんですが、このアニメーションもとってもキュートでハートフルなんです。

 

もう一つは、ヘドウィグがルーサー軍曹に捨てられてしまい、トレーラーハウスで一人で黄昏ている時に歌う「Wig In a Box」はもう最高にかわいいです!ヘドウィグのウィッグが先ほどまでのシーンのものとは変わり、ミディアムカットになっているんです。ハイトーンの部分と、ダークカラーのヘアスタイルがとってもかわいらしいんです。さらに、かわいい洋服を着て、「悲しがってたって仕方ないじゃない!」という感じに寂しい感じからハッピーな感じに歌い方が変わっていくヘドウィグが最高に愛しいですね。観ているうちに、先ほどまで悲しかった気持ちが段々と、ヘドウィグと同時に分かるい方向へと変わっていくのが分かります。

山本耕史VS森山未來

私は、ラッキーなことに三上博史さんが演じるヘドウィグの舞台以外はほとんど足を運んでいました。なかなかチケットを撮るのも難しいのですが、そこをなんとか!!

最初に観たのは、山本耕史さんの舞台でした。上記にも書きましたが最初に映画を見ていたせいで、舞台化されることにかなり厳しい視線を向けていました。自分が好きなヘドウィグの世界観を壊されたくない!と思いながらも、「どんな感じなのか知りたい」と、好奇心が勝ちました。ヘドウィグは小柄で華奢なのですが、山本耕史さんはそれに対して真逆の肉体の持ち主、さてどうなる!?と思ったのですが、さすが役者さんですね。結果、あまり気になりませんでした!

 

確かに、「大きいヘドウィグ」ではあったのですが、それよりも山本耕史さんがハイヒールをきれいに履きこなして、ホットパンツを身にまとっているのがこれまた素晴らしく美しくてハートを完全に鷲掴みにされました。思わず、「き、きれい!」と言ってしまった記憶があります。

 

その歌声も、本当に素晴らしくて、そこらへんのミュージシャンの方よりも上手でびっくりしたんです。英語の発音も素晴らしく、ネイティブでした。(こういう時に日本語英語の発音だと若干テンションが下がることがありますよね。)

 

原曲を完璧に歌いこなし、コアファンの心をつかんだ山本耕史さんは一言でいうと、天才ですね。

 

森山未來さん演じるヘドウィグはこれまた別物で、演出もモテキで有名な大根仁さんが演出を担当されたこともあり、雰囲気が全然違いました。内容も少し原発問題と絡めた感じに、「現代の」ヘドウィグという感じでした。映画や、山本耕史さんのヘドウィグとは違い、コミカルな部分が多めな舞台でした。しかし、森山未來さんもさすが役者、ヘドウィグを完全に自分のものにしていました…。森山未來さんも歌唱力がものすごく高くてびっくりしました。激しいノリで、舞台から客席にダイブしていました(かなりロック調な回でした)

 

私は個人的には山本耕史さんバージョンヘドウィグが好きなんですけどね(笑)

最後に

映画の画像

散々ヘドウィグについて語ってきましたけども、この映画の良さっていうのは「愛」について真正面から向き合っているところなんですが、他にもあるんです。それは、「男だとか女だとか関係ない」というところです。最後にたどり着くのは「それでも愛する気持ちや思いやり」なんですが、今ほど性別に対してオープンでなかった時代なのにジェンダーレスなところにフォーカスを当て、物語を展開しているところが私にはとっても斬新でした。劇中で「何かを手に入れるには何かを置いていかなければならない」と母親に言われたヘドウィグが性別適合手術をします。サラっと描かれていますが、これを大きな問題ととらえず、ヘドウィグの人生をどうしていくのか?というところに光を当てていることろがとてもおしゃれだと思いました。だから、この映画はロングヒットを出しているのだと納得しますし、今だからこそたくさんの方に観て頂きたいと思いました。

 

歌にも、演出にも込められた「愛する」ということ、この映画を見て今一度「愛って何?」となっているあなたに観て頂きたいです。

スポンサードリンク

関連キーワード
映画の関連記事
  • シェフの画像
    お腹が減っちゃう、おいしそうな料理が魅力のシェフ系映画
  • 夜景の画像
    2018年おもしろかった映画ランキング
  • ローマの休日の画像
    ジャンル別おすすめ映画まとめ
  • キングスマンの画像
    2018年面白かった映画特集!
  • カフェソサイエティの画像
    映像がおしゃれ、見ているだけで楽しくなるおすすめ映画
  • アマゾンプライムの画像
    登録するならAmazonプライム!?おすすめ番組をご紹介!
おすすめの記事